「2016年3月」の記事一覧

関節拘縮による可動域制限 非該当→10級11号獲得

関節の可動域に制限が生じた場合,骨折などの器質的損傷がないと自賠責ではなかなか後遺障害に認定されません。「提出・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ