TFCC損傷 12級13号に認定されました

吉岡です。こんにちは。

 

三角線維軟骨複合体(TFCC)損傷は,転倒して手を突くなど手関節に強い背屈力と捻じれの力が加わった際などに起こりうる傷病で,手を横に振ったり,前腕の回内,回外運動時の制限が生じたりすることなどがあります。

交通事故によりTFCC損傷を生じたことを立証するために,画像撮影やDr.面談を行うなど,症状固定前から準備を重ね,無事12級を獲得しました(可動域制限は4分の3以下ではなかったたため13号の認定です。)。

以前別のご依頼者の案件でTFCC損傷は明らかであるにもかかわらず非該当との判断がなされたことがあったため,この教訓を生かし立証の準備を重ねて等級を獲得できました。

これから裁判基準に基づいての示談交渉に移ります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ