異議申立てにより14級9号→12級13号獲得しました

福山市での出張相談に伺った案件ですが,当初のご相談内容は相手方保険会社から提示された賠償額が適切かどうかを確認したいとのことでした。

 

相手方保険会社からの提示額を拝見すると,裁判基準には程遠い内容で適切な賠償を実現できないことは明らかでした。

ただ,問題はそれだけではなく,後遺障害等級14級9号の認定に問題が残っていると判断し,12級13号獲得のための準備に直ちに入りました。

神経症状について14級9号を12級13号に昇級させることは全ての案件でできることではありません。

また,机上の操作だけで昇級することも困難です。医師面談や被害者との打ち合わせなどを重ねて,画像や主治医の所見など12級13号を獲得するための証拠を準備していきます。

この案件では,大変親身な主治医のご協力もあり,画像や意見書などの医証をもって神経症状を立証し,12級13号を獲得しました。

UP用

これから12級13号を前提として裁判基準での当初の相手方保険会社提示額からの大幅な増額を目指します。

 

神経症状で14級9号を獲得したものの,12級13号への昇級の可能性がないか検討されたい方はぜひ当事務所にお問い合わせください。交通事故案件処理の経験だけでなく,当事務所の特長である,どこにでも足を運ぶ機動力や構成員すべての発想力をもって何が足りないかを考える組織力をもって,最大限の努力をします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ